妊娠時の便秘

妊娠中は黄体ホルモンの分泌が盛んになり、腸の動きが鈍くなって便の回数が減るため、妊婦の方は便秘になりやすいという傾向があります。

一時期を過ぎますと、黄体ホルモンの影響が少なくなって便意がくるようになるのですが、妊娠後期になると今度は大きくなった子宮が腸を圧迫し始め、再び便秘になりやすくなります。

また、息むことによって痔核や裂肛も発生しやすくなります。

これを防ぐには、適度な運動、食物繊維を多く含む食べ物の摂取を心がけましょう。

野菜やいも類、果物、海藻、キノコなどに、食物繊維は多く含まれています。

市販の下剤や整腸剤は、なるべく使用しない方がよいと言われていますが、もしどうしても下剤を使用せざるをえない状態になったら、まずは体に害の無い、膨張性の下剤の使用をお勧めします。