便秘のメカニズム

便秘とは、便の腸管通過時間が正常な生理的な値(120時間まで)より長く、排便に困難が伴うなどの症状が見られると定義されています。

しかし、排便期間には個人差があり、3〜4日に1回程度でも苦痛を伴わない長年の習慣であれば、便秘と考えなくてもよいでしょう。

排便の間隔が2日でも、残便感やお腹が苦しい・張っているといった感覚がある場合には、便秘であると考えられます。

また便秘は、腹部膨満、腹痛、食欲不振、吐き気などの他に、肌荒れ、肩こり、目まい、イライラ、不眠の原因になるとも言われています。

便秘の原因には、食事量の少なさ、食物繊維不足、水分不足、排便欲求の我慢、不規則な生活、腹筋の筋力の低下などが挙げられます。