便秘から引き起こされる合併症 その2

直腸性の便秘では、さらなる重要な合併症を引き起こす事があります。

それは、「イボ痔」に代表される一連の痔による疾患がそれです。

硬くなった便が直腸の壁を圧迫すると、肛門から流れてくる静脈血の流れがせき止められてしまい、うっ血状態になってしまうので、イボ痔、脱肛、キレ痔などが起こりやすくなってしまいます。

また硬い便を排泄しようとして、息めば息むほど痔は悪化するという傾向があるので、この悪循環を繰り返している限り痔は改善されないということになります。

こうして考えてみると、痔は便秘の落とし子のような存在なのかもしれません。